BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業とは?

事業の趣旨

本事業 は、BIM※1を通じたデジタルデータの活用により、建築分野における生産性向上、建築物・データの価値向上や様々なサービスの創出等に向けて、設計・施工等のプロセスを横断してBIMを活用する試行的な建築プロジェクトにおけるBIM導入の効果等を検証する取組について、優れた提案を応募した者に対し、国が当該検証等に要する費用の一部を補助※2するものです。


※1:
BIM(Building Information Modeling):コンピュータ上に作成した主に三次元の形状情報に加え、室等の名称・面積、材料・部材の仕様・性能、仕上げ等、建築物の属性情報を併せ持つ建築物情報モデルを構築するものをいう。
※2:
パートナー事業者型については、建築BIM推進会議と連携し、提言を行うため、自らの費用負担にて検証する取組を採択するための公募です。

公募する事業について

今年度は以下の3つの応募形式にて募集を行っています。

募集の詳細は各ページをご覧ください。

※今年度の公募はすべて終了しました。
来年度以降の補助事業の実施については未定ですが、決定次第、建築BIM推進会議のHPにて公表予定です。
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/kenchikuBIMsuishinkaigi.html
  先導事業者型(詳細はこちら 中小事業者BIM試行型(詳細はこちら パートナー事業者型(詳細はこちら
公募概要 建築BIM推進会議で策定された「建築分野におけるBIMの標準ワークフローとその活用方策に関するガイドライン(第1版)」(令和2年3月策定)の標準ワークフローを前提とした、BIMを活用する試行的な建築プロジェクトについて実施される、効果検証・課題分析等の取り組みを公募。
以下の(1)及び(2)の両方を実施する事業



  • (1)BIMを通じたデジタルデータの活用による、BIMの活用による生産性向上、建築物・データの価値向上や様々なサービスの創出等を通じたメリット(特に発注者メリット)の検証等
  • (2)BIMデータの活用・連携に伴う課題(特に発注者と受注者の役割分担等)の分析等
中小事業者において、複数の事業者等とグループを結成し、以下の(1)~(3)のすべてを実施する事業

  • (1)建築プロジェクトへのBIMの導入や試行的な取り組みを通じて生じる「課題の分析」と、その「課題解決のために実施する対応策」の検討
  • (2)(1)の検討を通じた「BIMの活用効果」の検証と、その効果を増大させる「今後の改善方策」の検討
  • (3)(1)・(2)を通じた、中小事業者のBIMの導入・活用ロードマップ素案を提示
以下の(1)及び(2)の両方を実施する事業



  • (1)BIMを通じたデジタルデータの活用による、BIMの活用による生産性向上、建築物・データの価値向上や様々なサービスの創出等を通じたメリットの検証等
  • (2)BIMデータの活用・連携に伴う課題の分析等
公募期間 【応募受付終了】
令和3年3月10日(水)

同年4月9日(金)
  【応募受付終了】
令和3年4月16日(金)

同年5月17日(月)17時
【応募受付終了】
令和3年3月22日(月)

同年4月23日(金)
事業期間 補助金交付決定通知の交付日
(令和3年6月目途)
から
令和4年3月4日まで
補助金交付決定通知の交付日
(令和3年7月目途)
から
令和4年3月4日まで
採択決定通知の交付日
(令和3年6月目途)
から
令和4年3月4日まで
補助金額 検証等に要する経費以内
かつ
3,000万円以下の額
検証等に要する経費以内
かつ
500万円以下の額
自らの費用負担にて事業実施

【参考】
〇令和2年度BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業について
採択事業概要 連携事業概要
〇建築分野におけるBIMの標準ワークフローとその活用方策に関するガイドライン(第1版) 令和2年3月
概要 本文 別添参考資料